未来フェス2017in京都 関係者連絡室

未来フェスの事務局連絡室です。関係者への連絡、登録などに使います。

正式なサイトが完成するまで、こちらで案内いたします。

お問い合わせは、未来フェス事務局までご連絡ください。

主催者からのメッセージ

2017年6月25日

 

後藤健市からのメッセージ(50代)

 

◇豊かな未来は、いつの世も常に人々の夢の中にあり、現在の日本も、私たちが暮らしている地域も、未来に夢を描き、その実現に向けて努力を続けてきた先人がいたからこそのものです。

 

◇世界は新たな時代への変革の真っただ中にあり、20世紀までの仕組みの多くが構造的限界を迎え、そのことがさまざまな形で表出してきています。

 

◇今、必要なのは、批評や評論でなく、私たち一人一人の自己責任のもとでの行動です。

豊かな未来の実現に向けて、自らが先頭に立ち活動している人や、これから行動しようとしている人が、それぞれの夢や経験を語り合い、繋がり合い、共に行動するためのきっかけづくりのライブステージが「未来フェス」です。

 

◇それぞれの組織や個人の枠を取り払って、真に豊かな未来を築くために、緩やかに、そして大きく繋がりながら、信頼する仲間を増やし、「行き当たりバッチリ」で進んでいきましょう。

 

橘川幸夫からのメッセージ(60代)

 

◇僕は1970年から、参加型メディアの開発をやってきました。特別な権利のある人だけが発言したり社会を動かしたりするのではなく、生きとし生けるすべての人が、呼吸するように社会全体に響き合うことの出来る参加型社会のイメージを持って仕事をしてきました。そうした作業を通じて、実に多くの「表現する」人たちと出会うことが出来ました。

 

◇30数年の盟友である後藤健市もまた、地域づくりのミッションの中で、多様で信じられる人たちとの出会いを重ねてきました。二人のフィールドは異なるので、橘川と後藤の関係性をつなげたらどうなるだろうか、と企画したのが「未来フェス2017in京都」です。

 

◇京都には、若い世代の新しい動きが渦巻いています。若い世代と大人たちとのコラボも、今回の大きなテーマです。みんな集まってくれ。

 

◇僕らが出会った人たち、これから新しく出会う人たちが、更に複雑に絡み合い、刺激しあい、影響しあいながら、僕らの新しい未来の形が見えるようになれば幸福です。

 

宮崎要輔からのメッセージ(20代)

 

◇社会の中にある違和感からくる衝動を信じ、僕達世代はそれぞれに自身のテーマを突き進み、より良い未来に向かって生きてきました。既存の王道や基本とされるものに如何に頼らず外れていくか、自身の内にある声、直感で通じ合う仲間達を信じ、近代を越えていくことを模索してきました。

 

◇未来を目指す時に隣り合わせにあるのは、誰かが夢みた未来の上に、僕達は生きているということです。先人達がなんとかしようと生き抜いた未来の中に生きているからこそつくれる未来を僕達は目指します。

 

◇今の20代30代僕達の世代はよくもわるくも「いいこと」に頼って生きてきました。そこから生まれる社会的ゆがみも実感してきた今、「いいこと」そうしたものに頼らずとも切り拓ける何かを掴んでいくことが大切な段階のように感じます。「いいこと」に頼るのではなく、また「いいこと」を手放すのでもなく、一つのことを深めに深めたからこそ、社会をより良くしていける。そうした道を切り開くつながりが生まれるのが未来フェスです。

 

◇各専門領域、コミュニティの横断だけでもなく、多世代交流の横断だけでもない。既存の言葉にはない、価値観にはない、言葉にできない感覚を身体知、暗黙知として共有していきましょう。

 

 

未来フェスの企画概要

未来フェスにはさまざまな参加の形態があります。

未来フェス2017in京都

(未来フェス+日本再編集会議)

 

未来フェスは、グループ参加型のネットワーク・フェスです。

興行主が仕切るフェスとは違い、日ごろイベントやセミナーやワークショップをやっている人たちが、日時を合わせて同時多発で開催します。

 

日本再編集会議は、日本社会の未来を想い、考え、具体化の道を探る編集会議です。

右側からでも左側からでもなく、真ん中の道で日本の未来を模索していきます。

 

▼企画提案者

後藤建市

橘川幸夫

宮崎要輔

 

▼賛同者

*賛同者になっていだたける方は、企画提案者にご連絡ください。

 

●開催日・2017年8月26日(土)27日(日)

京都全域で行います。

 

「未来フェス」は、一人一人が日常の中で模索している未来への意思を、みんなで持ち寄って、みんなの力で未来を具体化していこうとするフェスです。参加の方法は、いろいろありますので、ご希望の形で参加してください。

 

◇未来フェス2017in京都の参加方法

 

1.個別イベントを実施する。

*日頃から自分たちでイベント、セミナー、ワークショップなどを実施している個人・グループの方は、8月26日、27日に京都エリアで実施してください。会場、集客、運営は、それぞれ行ってください。イベントの内容を教えていただければ、未来フェスとして登録させていただきます。

 

2.日本再編集会議でプレゼンする。

*日本の未来を、よりよきものとするための会議を行います。日本各地から多くの人が集まります。未来フェスに参加した個人・グループで、自分たち活動を通して感じたこと、思ったことを「未来への提案書」という形でプレゼンしてください。プレゼンの時間は最大10分です。

*またイベントを実施しないけど、プレゼンをしたい、という人も歓迎します。あらかじめ提案の内容を事務局にご提出ください。時間に限りがありますので、採用できない場合もありますが、ご了承ください。

*最初のプレゼンは、8月26日になります。

 

3.日本再編集会議に参加する。

*未来フェスの各イベントへの参加、日本再編集会議への参加は、誰でも可能です。それぞれのイベントの案内に従って申し込みしてください。

 

4.ブラッシュアップ交流会に参加する。

*8月26日の夜、日本再編集会議に参加した人と、プレゼンをした人たちの交流会を行います。参加者は、自分が関心を持ったプレゼンテーターのところに集まり、企画に対する意見・感想・提案などを行い、みんなで企画をブラッシュアップしていきます。こちらの交流会も、誰でも参加出来ますので、案内に従って参加してください。

 

5.日本再編集提案会議に参加する。

*8月27日は、昨日の成果を踏まえて、ブラッシュアップされた企画を正式にプレゼンする「日本再編集提案会議」を実施します。誰でも参加できます。

 

6.日本再編集提案会議で授賞式に参加する。

*提案された企画に対して、授賞式を行います。個人でも、企業でも、自分が気に入った提案に対して、賞賛してください。賞品は各自で用意してください。

 

7.ネットワーク参加

京都にはこれないけど、8月26日27日に、自分たちの地域でイベントなどを実施される方は、ネットワーク参加してください。次回は、あなたの地域で未来フェスを実施したい。

 

未来フェス2017in京都 賛同者登録フォーム

未来フェスにご賛同いただける方は、こちらで登録をお願いいたします。

未来フェスのサイト及びパンフレットなどに、ご賛同者様のお名前を使わせていただきます。

未来フェス賛同者登録
登録者名  *
Eメール  *
所属・役職  *
経歴など
関連サイト
紹介者
メッセージ

未来フェス2017in京都にイベント参加希望の方は、以下のフォームで登録してください。

未来フェスに参加登録してくれる方は、登録してください。京都地区で実施するのがメインになりますが、他地域の方も、8月26日、27日にイベントを実施する方は、ネットワーク参加してください。会場、日程が未定の方は「未定」と記入してください。詳細は後日、ご連絡させていただきます。

フォーム設定例
責任者氏名  *
ふりがな
Eメール  *  *半角英数
団体名
住所
電話番号
イベントタイトル  *
イベント概要  *
実施場所(予定)
実施日時(予定)
当日券料金(予定)
メッセージ

未来フェス2017in京都 賛同者一覧

青山一郎

(株)ペーパーメディア研究所 代表取締役

◇新聞販売店の研究をしています。

◇未来フェスでお会いできるのを楽しみにしています

 

石花ちとく

石花師

◇2009年頃から本格的に石積み遊び開始。2011年からSNSで世界中のロックバランシングアーティストと交流、2012年9月に石花会発足。http://ishi-hana.net/

◇未来フェス2017in京都の大成功を祈念申し上げます。

熊野英介

公益財団法人信頼資本財団 理事長。アミタホールディングス株式会社 代表。

◇何事も意志を持った個性から始まりますが、継続させるには仲間が必要と言うROCK精神に共感します。


ドキュメント

未来フェスは、今後、日本各地で実施していきます。関心のある方は、ご連絡ください。

お問い合わせ

TEL: 03-3716-8705

東京都目黒区鷹番2-8-16-102

デジタルメディア研究所