森を見る力(2014年・時代批評集)橘川幸夫

出版記念会・発起人のお願い。

友人各位

 

◇「暇つぶしの時代」(2004年、平凡社)以来の橘川幸夫の時代批評集が2014年1月に出ます。1981年に「企画書」(JICC出版局)で最初の単行本を出してから、長い年月が経ちます。恒例の出版パーティを行いますので、発起人になっていただける友人各位に声をかけさせていただきました。お手数おかけしますが、以下のフォームにてご登録ください。

 

◇なお、出版パーティは、2014年2月6日を予定しています。詳細確定したら、あらためてご連絡さしあげます。また、イベントは、橘川が来年から始動する「未来フェスCF」という、イベントに特化したクラウドファンディングの第一号になります。

 

◇パーティに参加できない方も発起人登録お願いします。パーティの告知をご友人たちに声かけていただけば嬉しいです。

 

◇メッセージ欄も言葉、「発起人の言葉」として掲載させていただきます。

 

発起人登録フォーム

森を見る力・記念会
お名前  *
ふりがな
Eメール  *  *半角英数
職業・所属  *
メッセージ

●「森を見る力」(副題は「インターネット以後の社会を生きる」)

 

2014年1月刊行予定

晶文社発行

定価は未定です。

 

もくじ

-----------------------------------------------------

第一章 森を見る力

-----------------------------------------------------

◇森を見る力(1)

◇森を見る力(2)

-----------------------------------------------------

第二章 戦後社会の中で変質したもの

-----------------------------------------------------

●社会の変質

◇生きる力を失っていく子どもたち

◇戦後社会のコミュニティを壊したものは何か

◇就活地獄は、どこから来たのか

◇団塊世代論

 

●組織の変質

◇「豊かさ」を目指す第一世代組織

◇組織の内部崩壊

◇不祥事

◇「強さ」を目指す第二世代組織

◇第三世代組織の暴走

◇第四世代組織の展望

◇戦後民主主義というコミュニティ

◇第四世代組織

 

●企業の変質

◇誰がマーケッターを殺したか。

◇どうした、家電メーカー!

◇恐竜化するイオン

◇セブンプレミアムは「おいしい」のか

 

●政治の変質

◇投票に行かなくなった若者たち

◇官僚という職業

◇政治家という職業 

◇ギリシアと日本

 

-----------------------------------------------------

第二章 不安定な時代のアイデンティティ

-----------------------------------------------------

◇コンドームが何をしたか

◇ニートという生き方

◇モンスターの時代

◇モンスター消費者

 

 

-----------------------------------------------------

第三章 メディアの現在

-----------------------------------------------------

 

●出版・電子書籍

◇変わりつつある書店の役割と、スタバ本の革命性。

◇ブックオフ論

◇電子書籍進化異論

◇本はなぜ滅びるのか

◇地方書店「好文の木」の実験

 

●テレビ・広告

◇広告とは何か

◇テレビを見るべきか、インターネットを見るべきか、それが問題である。

 

●音楽・ゲーム

◇パチンコとソーシャルゲーム

◇売れないCD。でも音楽の時代は進む

◇僕らが「ジョブズの魂」から学ぶもの

 

-----------------------------------------------------

第四章 インターネットが何をしたか。

-----------------------------------------------------

 

◇生命・情報・社会

◇Twitter私論

◇アフターインターネットの世界

◇池上彰は「まとめサイト」だ

 

-----------------------------------------------------

第五章 311以後の社会

-----------------------------------------------------

 

◇原発を止める道

◇地域で生きるということ

 1.和気優さんの農民カフェ

 2.ぐらっちゃの地域活性化と雇用開発の同時追求

 3.地域と政治

 4.ソフトカーの未来

◇インターネット時代の新しい生き方

◇オーナー・シェフ型アーティストの登場

◇こども芸術大学

◇競争の終わり

◇支援活動をしません

◇未来フェスは新しい村祭り

◇魂のオリンピックに向けて

 

-----------------------------------------------------

追悼・林雄二郎

あとがき

 

お問い合わせ

TEL: 03-3716-8705

東京都目黒区鷹番2-8-16-102

デジタルメディア研究所